怨牫

スポンサーリンク
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2747番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2747番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2747番について歌番号2747番原文味鎌之|塩津乎射而|水手船之|名者謂手師乎|不相将有八方訓読あぢかまの塩津をさして漕ぐ船の名は告りてしを逢はざらめやもかな読みあぢかまの...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2657番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2657番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2657番について歌番号2657番原文神名火尓|紐呂寸立而|雖忌|人心者|間守不敢物訓読神なびにひもろき立てて斎へども人の心はまもりあへぬものかな読みかむなびに|ひもろきたて...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2661番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2661番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2661番について歌番号2661番原文霊治波布|神毛吾者|打棄乞|四恵也壽之|恡無訓読霊ぢはふ神も我れをば打棄てこそしゑや命の惜しけくもなしかな読みたまぢはふ|かみもわれをば...
タイトルとURLをコピーしました