忌部黒麻呂が作者の万葉集

万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3848番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3848番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3848番について歌番号3848番原文荒城田乃|子師田乃稲乎|倉尓擧蔵而|阿奈干稲志|吾戀良久者訓読あらき田の鹿猪田の稲を倉に上げてあなひねひねし我が恋ふらくはかな読みあらき...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1647番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1647番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1647番について歌番号1647番原文梅花|枝尓可散登|見左右二|風尓乱而|雪曽落久類訓読梅の花枝にか散ると見るまでに風に乱れて雪ぞ降り来るかな読みうめのはな...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1556番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1556番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1556番について歌番号1556番原文秋田苅|借蘆毛未壊者|鴈鳴寒|霜毛置奴我二訓読秋田刈る仮廬もいまだ壊たねば雁が音寒し霜も置きぬがにかな読みあきたかる|か...
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1008番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1008番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1008番について歌番号1008番原文山之葉尓|不知世經月乃|将出香常|我待君之|夜者更降管訓読山の端にいさよふ月の出でむかと我が待つ君が夜はくたちつつかな読...
タイトルとURLをコピーしました