安貴王が作者の万葉集

万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1555番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1555番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1555番について歌番号1555番原文秋立而|幾日毛不有者|此宿流|朝開之風者|手本寒母訓読秋立ちて幾日もあらねばこの寝ぬる朝明の風は手本寒しもかな読みあきた...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集534番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集534番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集534番について歌番号534番原文遠嬬|此間不在者|玉桙之|道乎多遠見|思空|安莫國|嘆虚|不安物乎|水空徃|雲尓毛欲成|高飛|鳥尓毛欲成|明日去而|於妹言問|...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集535番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集535番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集535番について歌番号535番原文敷細乃|手枕不纒|間置而|年曽經来|不相念者訓読敷栲の手枕まかず間置きて年ぞ経にける逢はなく思へばかな読みしきたへの|たまくら...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集306番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集306番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集306番について歌番号306番原文伊勢海之|奥津白浪|花尓欲得|褁而妹之|家褁為訓読伊勢の海の沖つ白波花にもが包みて妹が家づとにせむかな読みいせのうみの|おきつ...
タイトルとURLをコピーしました