天平勝宝8年11月8日年紀

万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4472番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4472番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4472番について歌番号4472番原文於保吉美乃|美許登加之古美|於保乃宇良乎|曽我比尓美都々|美也古敝能保流訓読大君の命畏み於保の浦をそがひに見つつ都へ上るかな読みおほきみ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4473番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4473番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4473番について歌番号4473番原文宇知比左須|美也古乃比等尓|都氣麻久波|美之比乃其等久|安里等都氣己曽訓読うちひさす都の人に告げまくは見し日のごとくありと告げこそかな読...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4474番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4474番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4474番について歌番号4474番原文武良等里乃|安佐太知伊尓之|伎美我宇倍波|左夜加尓伎吉都|於毛比之其等久|訓読群鳥の朝立ち去にし君が上はさやかに聞きつ思ひしごとく|かな...
タイトルとURLをコピーしました