天平勝宝6年1月4日年紀

スポンサーリンク
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4298番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4298番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4298番について歌番号4298番原文霜上尓|安良礼多之里|伊夜麻之尓|安礼麻為許牟|年緒奈我久|訓読霜の上に霰た走りいやましに我れは参ゐ来む年の緒長く|かな読みしものうへに...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4299番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4299番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4299番について歌番号4299番原文年月波|安良多々々々尓|安比美礼騰|安我毛布伎美波|安伎太良奴可母|訓読年月は新た新たに相見れど我が思ふ君は飽き足らぬかも|かな読みとし...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4300番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4300番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4300番について歌番号4300番原文可須美多都|春初乎|家布能其等|見牟登於毛倍波|多努之等曽毛布訓読霞立つ春の初めを今日のごと見むと思へば楽しとぞ思ふかな読みかすみたつ|...
タイトルとURLをコピーしました