大伴三中が作者の万葉集

万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3701番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3701番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3701番について歌番号3701番原文多可之伎能|母美知乎見礼婆|和藝毛故我|麻多牟等伊比之|等伎曽伎尓家流訓読竹敷の黄葉を見れば我妹子が待たむと言ひし時ぞ来にけるかな読みた...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集443番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集443番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集443番について歌番号443番原文天雲之|向伏國|武士登|所云人者|皇祖|神之御門尓|外重尓|立候|内重尓|仕奉|玉葛|弥遠長|祖名文|継徃物与|母父尓|妻尓子...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集444番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集444番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集444番について歌番号444番原文昨日社|公者在然|不思尓|濱松之|雲棚引訓読昨日こそ君はありしか思はぬに浜松の上に雲にたなびくかな読みきのふこそ|きみはありし...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集445番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集445番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集445番について歌番号445番原文何時然跡|待牟妹尓|玉梓乃|事太尓不告|徃公鴨訓読いつしかと待つらむ妹に玉梓の言だに告げず去にし君かもかな読みいつしかと|まつ...
タイトルとURLをコピーしました