嘆息

スポンサーリンク
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3265番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3265番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3265番について歌番号3265番原文世間乎|倦迹思而|家出為|吾哉難二加|還而将成訓読世の中を憂しと思ひて家出せし我れや何にか還りてならむかな読みよのなかを|うしとおもひて...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3248番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3248番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3248番について歌番号3248番原文式嶋之|山跡之土丹|人多|満而雖有|藤浪乃|思纒|若草乃|思就西|君二|戀八将明|長此夜乎訓読磯城島の|大和の国に|人さはに|満ちてあれ...
万葉集|第13巻の和歌一覧

万葉集3249番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3249番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3249番について歌番号3249番原文式嶋乃|山跡乃土丹|人二|有年念者|難可将嗟訓読磯城島の大和の国に人ふたりありとし思はば何か嘆かむかな読みしきしまの|やまとのくにに|ひ...
タイトルとURLをコピーしました