和歌山県

スポンサーリンク
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2795番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2795番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2795番について歌番号2795番原文木國之|飽等濱之|礒貝之|我者不忘|者雖歴訓読紀の国の飽等の浜の忘れ貝我れは忘れじ年は経ぬともかな読みきのくにの|あくらのはまの|わすれ...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2780番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2780番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2780番について歌番号2780番原文紫之|名高乃浦之|靡藻之|情者妹尓|因西鬼乎訓読紫の名高の浦の靡き藻の心は妹に寄りにしものをかな読みむらさきの|なたかのうらの|なびきも...
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2730番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2730番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2730番について歌番号2730番原文木海之|名高之浦尓|依浪|音高鳧|不相子故尓訓読紀の海の名高の浦に寄する波音高きかも逢はぬ子ゆゑにかな読みきのうみの|なたかのうらに|よ...
万葉集|第7巻の和歌一覧

万葉集1368番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1368番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1368番について歌番号1368番原文石倉之|小野従秋津尓|發渡|雲西裳在哉|時乎思将待訓読岩倉の小野ゆ秋津に立ちわたる雲にしもあれや時をし待たむかな読みいは...
タイトルとURLをコピーしました