吉備津采女

スポンサーリンク
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集217番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集217番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集217番について歌番号217番原文秋山|下部留妹|奈用竹乃|騰遠依子等者|何方尓|念居可|栲紲之|長命乎|露己曽婆|朝尓置而|夕者|消等言|霧己曽婆|夕立而|明...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集218番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集218番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集218番について歌番号218番原文樂浪之|志賀津子等何||罷道之|川瀬道|見者不怜毛訓読楽浪の志賀津の子らが||罷り道の川瀬の道を見れば寂しもかな読みささなみの...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集219番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集219番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集219番について歌番号219番原文天數|凡津子之|相日|於保尓見敷者|今叙悔訓読そら数ふ大津の子が逢ひし日におほに見しかば今ぞ悔しきかな読みそらかぞふ|おほつの...
タイトルとURLをコピーしました