内蔵縄麻呂が作者の万葉集

万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4233番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4233番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4233番について歌番号4233番原文打羽振|鶏者鳴等母|如此許|零敷雪尓|君伊麻左米也母訓読うち羽振き鶏は鳴くともかくばかり降り敷く雪に君いまさめやもかな読みうちはぶき|と...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4200番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4200番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4200番について歌番号4200番原文多I乃浦能|底左倍尓保布|藤奈美乎|加射之氐将去|不見人之為訓読多胡の浦の底さへにほふ藤波をかざして行かむ見ぬ人のためかな読みたこのうら...
万葉集|第18巻の和歌一覧

万葉集4087番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4087番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4087番について歌番号4087番原文等毛之火能|比可里尓見由流|由理婆奈|由利毛安波牟等|於母比曽米弖伎訓読灯火の光りに見ゆるさ百合花ゆりも逢はむと思ひそめてきかな読みとも...
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集3996番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3996番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3996番について歌番号3996番原文和我勢古我|久尓敝麻之奈婆|保等登藝須|奈可牟佐都奇波|佐夫之家牟可母訓読我が背子が国へましなば霍公鳥鳴かむ五月は寂しけむかもかな読みわ...
タイトルとURLをコピーしました