丹波大女娘子が作者の万葉集

万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集711番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集711番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集711番について歌番号711番原文鴨鳥之|遊此池尓|木葉落而|浮心|吾不念國訓読鴨鳥の遊ぶこの池に木の葉落ちて浮きたる心我が思はなくにかな読みかもどりの|あそぶ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集712番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集712番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集712番について歌番号712番原文味酒呼|三輪之祝我|忌杉|手觸之罪歟|君二遇難寸訓読味酒を三輪の祝がいはふ杉手触れし罪か君に逢ひかたきかな読みうまさけを|みわ...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集713番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集713番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集713番について歌番号713番原文垣穂成|人辞聞而|吾背子之|情多由多比|不合頃者訓読垣ほなす人言聞きて我が背子が心たゆたひ逢はぬこのころかな読みかきほなす|ひ...
タイトルとURLをコピーしました