一書

万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集160番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集160番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集160番について歌番号160番原文燃火物|取而褁而|福路庭|入澄不言八面|智男雲訓読燃ゆる火も取りて包みて袋には入ると言はずやも智男雲かな読みもゆるひも|とりて...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集161番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集161番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集161番について歌番号161番原文向南山|陳雲之|青雲之|星離去|月離而訓読北山にたなびく雲の青雲の星離り行き月を離れてかな読みきたやまに|たなびくくもの|あを...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集148番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集148番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集148番について歌番号148番原文青旗乃|木旗能上乎|賀欲布跡羽|目尓者雖視|直尓不相香裳訓読青旗の木幡の上を通ふとは目には見れども直に逢はぬかもかな読みあをは...
タイトルとURLをコピーしました