韓亭

スポンサーリンク
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3669番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3669番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3669番について歌番号3669番原文多妣尓安礼杼|欲流波火等毛之|乎流和礼乎|也未尓也伊毛我|古非都追安流良牟訓読旅にあれど夜は火灯し居る我れを闇にや妹が恋ひつつあるらむか...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3670番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3670番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3670番について歌番号3670番原文可良等麻里|能乃宇良奈美|多々奴日者|安礼杼母伊敝尓|古非奴日者奈之訓読韓亭能許の浦波立たぬ日はあれども家に恋ひぬ日はなしかな読みからと...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3671番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3671番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3671番について歌番号3671番原文奴婆多麻乃|欲和多流月尓|安良麻世婆|伊敝奈流伊毛尓|安比弖許麻之乎訓読ぬばたまの夜渡る月にあらませば家なる妹に逢ひて来ましをかな読みぬ...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3672番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3672番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3672番について歌番号3672番原文比左可多能|月者弖利多里|伊刀麻奈久|安麻能伊射里波|等毛之安敝里見由訓読ひさかたの月は照りたり暇なく海人の漁りは灯し合へり見ゆかな読み...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3673番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3673番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3673番について歌番号3673番原文可是布氣婆|於吉都思良奈美|可之故美等|能許能等麻里尓|安麻多欲曽奴流訓読風吹けば沖つ白波畏みと能許の亭にあまた夜ぞ寝るかな読みかぜふけ...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3668番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3668番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3668番について歌番号3668番原文於保伎美能|等保能美可度登|於毛敝礼杼|氣奈我久之安礼婆|古非尓家流可母訓読大君の遠の朝廷と思へれど日長くしあれば恋ひにけるかもかな読み...
タイトルとURLをコピーしました