阿倍広庭が作者の万葉集

万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1423番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1423番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1423番について歌番号1423番原文去年春|伊許自而殖之|吾屋外之|若樹梅者|花咲尓家里訓読去年の春いこじて植ゑし我がやどの若木の梅は花咲きにけりかな読みこ...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集370番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集370番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集370番について歌番号370番原文雨不零|殿雲流夜之|潤濕跡|戀乍居寸|君待香光訓読雨降らずとの曇る夜のぬるぬると恋ひつつ居りき君待ちがてりかな読みあめふらず|...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集302番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集302番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集302番について歌番号302番原文兒等之家道|差間遠焉|野干乃|夜渡月尓|競敢六鴨訓読子らが家道やや間遠きをぬばたまの夜渡る月に競ひあへむかもかな読みこらがいへ...
タイトルとURLをコピーしました