鎌倉

万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3433番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3433番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3433番について歌番号3433番原文多伎木許流|可麻久良夜麻能|許太流木乎|麻都等奈我伊波婆|古非都追夜安良牟訓読薪伐る鎌倉山の木垂る木を松と汝が言はば恋ひつつやあらむかな...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3365番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3365番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3365番について歌番号3365番原文可麻久良乃|美胡之能佐吉能|伊波久叡乃|伎美我久由倍伎|己許呂波母多自訓読鎌倉の見越しの崎の岩崩えの君が悔ゆべき心は持たじかな読みかまく...
万葉集|第14巻の和歌一覧

万葉集3366番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3366番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3366番について歌番号3366番原文麻可奈思美|佐祢尓和波由久|可麻久良能|美奈能瀬河泊尓|思保美都奈武賀訓読ま愛しみさ寝に我は行く鎌倉の水無瀬川に潮満つなむかかな読みまか...
タイトルとURLをコピーしました