藤原麻呂が作者の万葉集

スポンサーリンク
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集522番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集522番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集522番について歌番号522番原文D嬬等之|珠篋有|玉櫛乃|神家武毛|妹尓阿波受有者訓読娘子らが玉櫛笥なる玉櫛の神さびけむも妹に逢はずあればかな読みをとめらが|...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集523番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集523番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集523番について歌番号523番原文好渡|人者年母|有云乎|何時間曽毛|吾戀尓来訓読よく渡る人は年にもありといふをいつの間にぞも我が恋ひにけるかな読みよくわたる|...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集524番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集524番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集524番について歌番号524番原文蒸被|奈胡也我下丹|雖臥|与妹不宿者|肌之寒霜訓読むし衾なごやが下に伏せれども妹とし寝ねば肌し寒しもかな読みむしふすま|なごや...
タイトルとURLをコピーしました