藤原房前

万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4228番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4228番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4228番について歌番号4228番原文有都々毛|御見多麻波牟曽|大殿乃|此母等保里能|雪奈布美曽祢訓読ありつつも見したまはむぞ大殿のこの廻りの雪な踏みそねかな読みありつつも|...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4227番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4227番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4227番について歌番号4227番原文大殿之|此廻之|雪莫踏祢|數毛|不零雪曽|山耳尓|零之雪曽|由米縁勿|人哉莫履祢|雪者訓読大殿の|この廻りの|雪な踏みそね|しばしばも|...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集810番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集810番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集810番について歌番号810番原文伊可尓安良武|日能等伎尓可母|許恵之良武|比等能比射乃倍|和我麻久良可武訓読いかにあらむ日の時にかも声知らむ人の膝の上我が枕か...
万葉集|第5巻の和歌一覧

万葉集811番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集811番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集811番について歌番号811番原文許等々波奴|樹尓波安里等母|宇流波之吉|伎美我手奈礼能|許等尓之安流倍志訓読言とはぬ木にはありともうるはしき君が手馴れの琴にし...
タイトルとURLをコピーしました