紀郎女が作者の万葉集

スポンサーリンク
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集643番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集643番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集643番について歌番号643番原文世間之|女尓思有者|吾渡|痛背乃河乎|渡金目八訓読世の中の女にしあらば我が渡る痛背の川を渡りかねめやかな読みよのなかの|をみな...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集644番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集644番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集644番について歌番号644番原文今者吾羽|和備曽四二結類|氣乃緒尓|念師君乎|縦左思者訓読今は我はわびぞしにける息の緒に思ひし君をゆるさく思へばかな読みいまは...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集645番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集645番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集645番について歌番号645番原文白|袖可別|日乎近見|心尓咽飯|哭耳四所泣訓読白栲の袖別るべき日を近み心にむせひ音のみし泣かゆかな読みしろたへの|そでわかるべ...
タイトルとURLをコピーしました