石川広成が作者の万葉集

スポンサーリンク
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1600番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1600番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1600番について歌番号1600番原文妻戀尓|鹿鳴山邊之|秋芽子者|露霜寒|盛須疑由君訓読妻恋ひに鹿鳴く山辺の秋萩は露霜寒み盛り過ぎゆくかな読みつまごひに|か...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1601番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1601番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1601番について歌番号1601番原文目頬布|君之家有|波奈須為寸|穂出秋乃|過良久惜母訓読めづらしき君が家なる花すすき穂に出づる秋の過ぐらく惜しもかな読みめ...
タイトルとURLをコピーしました