石上乙麻呂が作者の万葉集

スポンサーリンク
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集368番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集368番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集368番について歌番号368番原文大船二|真梶繁貫|大王之|御命恐|礒廻為鴨訓読大船に真楫しじ貫き大君の命畏み磯廻するかもかな読みおほぶねに|まかぢしじぬき|お...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集369番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集369番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集369番について歌番号369番原文物部乃|臣之壮士者|大王|任乃随意|聞跡云物曽訓読物部の臣の壮士は大君の任けのまにまに聞くといふものぞかな読みもののふの|おみ...
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集374番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集374番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集374番について歌番号374番原文雨零者|将盖跡念有|笠乃山|人尓莫令盖|霑者漬跡裳訓読雨降らば着むと思へる笠の山人にな着せそ濡れは漬つともかな読みあめふらば|...
タイトルとURLをコピーしました