河村王が作者の万葉集

万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3817番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3817番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3817番について歌番号3817番原文可流羽須波|田廬乃毛等尓|吾兄子者|二布夫尓咲而|立麻為所見|訓読かるうすは田ぶせの本に我が背子はにふぶに笑みて立ちませり見ゆ|かな読み...
万葉集|第16巻の和歌一覧

万葉集3818番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3818番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3818番について歌番号3818番原文朝霞|香火屋之下乃|鳴川津|之努比管有常|将告兒毛欲得訓読朝霞鹿火屋が下の鳴くかはづ偲ひつつありと告げむ子もがもかな読みあさかすみ|かひ...
タイトルとURLをコピーしました