形見

万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集3061番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3061番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3061番について歌番号3061番原文五更之|目不酔草跡|此乎谷|見乍座而|吾止偲為訓読暁の目覚まし草とこれをだに見つついまして我れと偲はせかな読みあかときの|めさましくさと...
万葉集|第12巻の和歌一覧

万葉集2967番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2967番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2967番について歌番号2967番原文年之經者|見管偲登|妹之言思|衣乃目|見者哀裳訓読年の経ば見つつ偲へと妹が言ひし衣の縫目見れば悲しもかな読みとしのへば|みつつしのへと|...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集636番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集636番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集636番について歌番号636番原文余衣|形見尓奉|布細之|枕不離|巻而左宿座訓読我が衣形見に奉る敷栲の枕を放けずまきてさ寝ませかな読みあがころも|かたみにまつる...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集637番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集637番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集637番について歌番号637番原文吾背子之|形見之衣|嬬問尓|身者不離|事不問友訓読我が背子が形見の衣妻どひに我が身は離けじ言とはずともかな読みわがせこが|かた...
タイトルとURLをコピーしました