家持妹

スポンサーリンク
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4197番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4197番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4197番について歌番号4197番原文妹尓似|草等見之欲里|吾標之|野邊之山吹|誰可手乎里之訓読妹に似る草と見しより我が標し野辺の山吹誰れか手折りしかな読みいもににる|くさと...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4198番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4198番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4198番について歌番号4198番原文都礼母奈久|可礼尓之毛能登|人者雖云|不相日麻祢美|念曽吾為流訓読つれもなく離れにしものと人は言へど逢はぬ日まねみ思ひぞ我がするかな読み...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4184番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4184番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4184番について歌番号4184番原文山吹乃|花執持而|都礼毛奈久|可礼尓之妹乎|之努比都流可毛訓読山吹の花取り持ちてつれもなく離れにし妹を偲ひつるかもかな読みやまぶきの|は...
タイトルとURLをコピーしました