安宿王が作者の万葉集

スポンサーリンク
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4452番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4452番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4452番について歌番号4452番原文乎等賣良我|多麻毛須蘇婢久|許能尓波尓|安伎可是不吉弖|波奈波知里都々訓読娘子らが玉裳裾引くこの庭に秋風吹きて花は散りつつかな読みをとめ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4301番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4301番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4301番について歌番号4301番原文伊奈美野乃|安可良我之波々|等伎波安礼騰|伎美乎安我毛布|登伎波佐祢奈之訓読印南野の赤ら柏は時はあれど君を我が思ふ時はさねなしかな読みい...
タイトルとURLをコピーしました