天平勝宝2年3月1日年紀

スポンサーリンク
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4140番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4140番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4140番について歌番号4140番原文吾園之|李花可|庭尓落|波太礼能未|遺在可母訓読吾が園の李の花か庭に散るはだれのいまだ残りたるかもかな読みわがそのの|すもものはなか|に...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4141番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4141番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4141番について歌番号4141番原文春儲而|悲尓|三更而|羽振鳴志藝|誰田尓加須牟訓読春まけてもの悲しきにさ夜更けて羽振き鳴く鴫誰が田にか住むかな読みはるまけて|ものがなし...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4139番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4139番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4139番について歌番号4139番原文春苑|紅尓保布|桃花|下道尓|出立D嬬訓読春の園紅にほふ桃の花下照る道に出で立つ娘子かな読みはるのその|くれなゐにほふ|もものはな|した...
タイトルとURLをコピーしました