大伴村上が作者の万葉集

万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4299番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4299番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4299番について歌番号4299番原文年月波|安良多々々々尓|安比美礼騰|安我毛布伎美波|安伎太良奴可母|訓読年月は新た新たに相見れど我が思ふ君は飽き足らぬかも|かな読みとし...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1493番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1493番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1493番について歌番号1493番原文吾屋前乃|花橘乎|霍公鳥|来鳴令動而|本尓令散都訓読我が宿の花橘を霍公鳥来鳴き響めて本に散らしつかな読みわがやどの|はな...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1437番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1437番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1437番について歌番号1437番原文霞立|春日之里|梅花|山下風尓|落許須莫湯目訓読霞立つ春日の里の梅の花山のあらしに散りこすなゆめかな読みかすみたつ|かす...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1436番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1436番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1436番について歌番号1436番原文含有常|言之梅我枝|今旦零四|沫雪二相而|将開可聞訓読含めりと言ひし梅が枝今朝降りし沫雪にあひて咲きぬらむかもかな読みふ...
タイトルとURLをコピーしました