大伴宿奈麻呂が作者の万葉集

万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集532番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集532番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集532番について歌番号532番原文打日指|宮尓行兒乎|真悲見|留者苦|聴去者為便無訓読うちひさす宮に行く子をま悲しみ留むれば苦し遣ればすべなしかな読みうちひさす...
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集533番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集533番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集533番について歌番号533番原文難波方|塩干之名凝|飽左右二|人之見兒乎|吾四乏毛訓読難波潟潮干のなごり飽くまでに人の見る子を我れし羨しもかな読みなにはがた|...
タイトルとURLをコピーしました