六人部鯖麻呂が作者の万葉集

万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3694番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3694番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3694番について歌番号3694番原文和多都美能|之故伎美知乎|也須家口母|奈久奈夜美伎弖|伊麻太尓母|毛奈久由可牟登|由吉能安末能|保都手乃宇良敝乎|可多夜伎弖|由加武須流...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3695番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3695番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3695番について歌番号3695番原文牟可之欲里|伊比流許等乃|可良久尓能|可良久毛己許尓|和可礼須留可聞訓読昔より言ひけることの韓国のからくもここに別れするかもかな読みむか...
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3696番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3696番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3696番について歌番号3696番原文新羅奇敝可|伊敝尓可加反流|由吉能之麻|由加牟多登伎毛|於毛比可祢都母訓読新羅へか家にか帰る壱岐の島行かむたどきも思ひかねつもかな読みし...
タイトルとURLをコピーしました