光明皇后が作者の万葉集

スポンサーリンク
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4240番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4240番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4240番について歌番号4240番原文大船尓|真梶繁貫|此吾子乎|韓國邊遣|伊波敝神多智訓読大船に真楫しじ貫きこの我子を唐国へ遣る斎へ神たちかな読みおほぶねに|まかぢしじぬき...
万葉集|第19巻の和歌一覧

万葉集4224番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4224番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4224番について歌番号4224番原文朝霧之|多奈引田為尓|鳴鴈乎|留得哉|吾屋戸能波義訓読朝霧のたなびく田居に鳴く雁を留め得むかも我が宿の萩かな読みあさぎりの|たなびくたゐ...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1658番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1658番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1658番について歌番号1658番原文吾背兒与|二有見麻世波|幾許香|此零雪之|懽有麻思訓読我が背子とふたり見ませばいくばくかこの降る雪の嬉しくあらましかな読...
タイトルとURLをコピーしました