駿河婇女が作者の万葉集

スポンサーリンク
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集507番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集507番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集507番について歌番号507番原文敷細乃|枕従久流|涙二曽|浮宿乎思家類|戀乃繁尓訓読敷栲の枕ゆくくる涙にぞ浮寝をしける恋の繁きにかな読みしきたへの|まくらゆく...
タイトルとURLをコピーしました