防人検校

万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4433番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4433番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4433番について歌番号4433番原文阿佐奈佐奈|安我流比婆理尓|奈里弖之可|美也古尓由伎弖|波夜加弊里許牟訓読朝な朝な上がるひばりになりてしか都に行きて早帰り来むかな読みあ...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4434番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4434番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4434番について歌番号4434番原文比婆里安我流|波流弊等佐夜尓|奈理奴礼波|美夜古母美要受|可須美多奈妣久訓読ひばり上がる春へとさやになりぬれば都も見えず霞たなびくかな読...
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4435番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4435番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4435番について歌番号4435番原文布敷賣里之|波奈乃波自米尓|許之和礼夜|知里奈牟能知尓|美夜古敝由可無訓読ふふめりし花の初めに来し我れや散りなむ後に都へ行かむかな読みふ...
タイトルとURLをコピーしました