紀男梶が作者の万葉集

スポンサーリンク
万葉集|第17巻の和歌一覧

万葉集3924番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3924番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3924番について歌番号3924番原文山乃可比|曽許登母見延受|乎登都日毛|昨日毛今日毛|由吉能布礼々訓読山の狭そことも見えず一昨日も昨日も今日も雪の降れればかな読みやまのか...
タイトルとURLをコピーしました