紀少鹿女郎が作者の万葉集

スポンサーリンク
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1661番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1661番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1661番について歌番号1661番原文久方乃|月夜乎清美|梅花|心開而|吾念有公訓読久方の月夜を清み梅の花心開けて我が思へる君かな読みひさかたの|つくよをきよ...
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1648番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1648番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1648番について歌番号1648番原文十二月尓者|沫雪零跡|不知可毛|梅花開|含不有而訓読十二月には沫雪降ると知らねかも梅の花咲くふふめらずしてかな読みしはす...
タイトルとURLをコピーしました