秦田麻呂が作者の万葉集

スポンサーリンク
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3681番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3681番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3681番について歌番号3681番原文可敝里伎弖|見牟等於毛比之|和我夜度能|安伎波疑須々伎|知里尓家武可聞訓読帰り来て見むと思ひし我が宿の秋萩すすき散りにけむかもかな読みか...
タイトルとURLをコピーしました