石川郎女(邑婆)が作者の万葉集

万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集518番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集518番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集518番について歌番号518番原文春日野之|山邊道乎|与曽理無|通之君我|不所見許呂香聞訓読春日野の山辺の道をよそりなく通ひし君が見えぬころかもかな読みかすがの...
タイトルとURLをコピーしました