石川廣成が作者の万葉集

スポンサーリンク
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集696番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集696番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集696番について歌番号696番原文家人尓|戀過目八方|川津鳴|泉之里尓|年之歴去者訓読家人に恋過ぎめやもかはづ鳴く泉の里に年の経ぬればかな読みいへびとに|こひす...
タイトルとURLをコピーしました