石上卿が作者の万葉集

スポンサーリンク
万葉集|第3巻の和歌一覧

万葉集287番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集287番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集287番について歌番号287番原文此間為而|家八方何處|白雲乃|棚引山乎|超而来二家里訓読ここにして家やもいづく白雲のたなびく山を越えて来にけりかな読みここにし...
タイトルとURLをコピーしました