田形皇女

スポンサーリンク
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1611番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1611番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1611番について歌番号1611番原文足日木乃|山下響|鳴鹿之|事乏可母|吾情都末訓読あしひきの山下響め鳴く鹿の言ともしかも我が心夫かな読みあしひきの|やまし...
タイトルとURLをコピーしました