桧前舎人石前妻|大伴部真足女が作者の万葉集

スポンサーリンク
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4413番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4413番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4413番について歌番号4413番原文麻久良多之|己志尓等里波伎|麻可奈之伎|西呂我馬伎己無|都久乃之良奈久訓読枕太刀腰に取り佩きま愛しき背ろが罷き来む月の知らなくかな読みま...
タイトルとURLをコピーしました