常陸娘子が作者の万葉集

スポンサーリンク
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集521番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集521番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集521番について歌番号521番原文庭立|麻手苅干|布|東女乎|忘賜名訓読庭に立つ麻手刈り干し布曝す東女を忘れたまふなかな読みにはにたつ|あさでかりほし|ぬのさら...
タイトルとURLをコピーしました