小鹿

スポンサーリンク
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1452番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1452番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1452番について歌番号1452番原文闇夜有者|宇倍毛不来座|梅花|開月夜尓|伊而麻左自常屋訓読闇ならばうべも来まさじ梅の花咲ける月夜に出でまさじとやかな読み...
タイトルとURLをコピーしました