安都年足が作者の万葉集

スポンサーリンク
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集663番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集663番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集663番について歌番号663番原文佐穂度|吾家之上二|鳴鳥之|音夏可思吉|愛妻之兒訓読佐保渡り我家の上に鳴く鳥の声なつかしきはしき妻の子かな読みさほわたり|わぎ...
タイトルとURLをコピーしました