天平6年3月

スポンサーリンク
万葉集|第6巻の和歌一覧

万葉集1002番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1002番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1002番について歌番号1002番原文馬之歩|押止駐余|住吉之|岸乃黄土|尓保比而将去訓読馬の歩み抑へ留めよ住吉の岸の埴生ににほひて行かむかな読みうまのあゆみ...
タイトルとURLをコピーしました