大石蓑麻呂が作者の万葉集

スポンサーリンク
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3617番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3617番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3617番について歌番号3617番原文伊波婆之流|多伎毛登杼呂尓|鳴蝉乃|許恵乎之伎氣婆|京師之於毛保由訓読石走る瀧もとどろに鳴く蝉の声をし聞けば都し思ほゆかな読みいはばしる...
タイトルとURLをコピーしました