土師稲足が作者の万葉集

スポンサーリンク
万葉集|第15巻の和歌一覧

万葉集3660番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3660番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集3660番について歌番号3660番原文可牟佐夫流|安良都能左伎尓|与須流奈美|麻奈久也伊毛尓|故非和多里奈牟訓読神さぶる荒津の崎に寄する波間なくや妹に恋ひわたりなむかな読みか...
タイトルとURLをコピーしました