占部子龍が作者の万葉集

スポンサーリンク
万葉集|第20巻の和歌一覧

万葉集4367番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集4367番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集4367番について歌番号4367番原文阿我母弖能|和須例母之太波|都久波尼乎|布利佐氣美都々|伊母波之奴波尼訓読我が面の忘れもしだは筑波嶺を振り放け見つつ妹は偲はねかな読みあ...
タイトルとURLをコピーしました