佐田岡

スポンサーリンク
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集192番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集192番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集192番について歌番号192番原文朝日照|佐太乃岡邊尓|鳴鳥之|夜鳴變布|此年己呂乎訓読朝日照る佐田の岡辺に泣く鳥の夜哭きかへらふこの年ころをかな読みあさひてる...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集187番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集187番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集187番について歌番号187番原文所由無|佐太乃岡邊尓|反居者|嶋御橋尓|誰加住無訓読つれもなき佐田の岡辺に帰り居ば島の御階に誰れか住まはむかな読みつれもなき|...
万葉集|第2巻の和歌一覧

万葉集177番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集177番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集177番について歌番号177番原文朝日弖流|佐太乃岡邊尓|群居乍|吾等哭涙|息時毛無訓読朝日照る佐田の岡辺に群れ居つつ我が泣く涙やむ時もなしかな読みあさひてる|...
タイトルとURLをコピーしました