新室ほが媿

スポンサーリンク
万葉集|第11巻の和歌一覧

万葉集2352番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集2352番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。万葉集2352番について歌番号2352番原文新室|踏静子之|手玉鳴裳|玉如|所照公乎|内等白世訓読新室を踏み鎮む子が手玉鳴らすも玉のごと照らせる君を内にと申せかな読みにひむろを|ふ...
タイトルとURLをコピーしました