巨勢宿奈麻呂が作者の万葉集

スポンサーリンク
万葉集|第8巻の和歌一覧

万葉集1645番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1645番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集1645番について歌番号1645番原文吾屋前之|冬木乃上尓|零雪乎|梅花香常|打見都流香裳訓読我が宿の冬木の上に降る雪を梅の花かとうち見つるかもかな読みわがや...
タイトルとURLをコピーしました