人妻

スポンサーリンク
万葉集|第4巻の和歌一覧

万葉集517番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集517番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。万葉集517番について歌番号517番原文神樹尓毛|手者觸云乎|打細丹|人妻跡云者|不觸物可聞訓読神木にも手は触るといふをうつたへに人妻といへば触れぬものかもかな読みか...
タイトルとURLをコピーしました